自殺予防会議で疑問の声 SOS出し方教育は言葉先行

 文科省は11月19日、「児童生徒の自殺予防に関する調査研究協力者会議」の今年度初の会合を開いた。子供が信頼できる大人に助けを求め、大人もそれを正しく受け止める「SOSの出し方に関する教育」の実施状況をはじめ、児童生徒の自殺予防についての取り組みや課題を審議した。

 同会議は2017年に改定された自殺予防大綱を受け、SOSの出し方に関する教育を含めた自殺予防教育の在り方を審議し、留意事項の整理や指導例をまとめた資料を作成するのが目的。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。