町の第三者委が初会合 兵庫の小5女子いじめ自殺

 兵庫県多可町立小学校5年の女子児童(当時10)が2017年5月に亡くなった自殺を巡り、自殺といじめとの関連を調査する町の第三者委員会が11月19日、初会合を開いた。来年3月末を目標に調査結果を報告する方針。

 町教委の第三者委員会が今年6月、同級生から無視されるなどのいじめがあったとする報告書をまとめたが、遺族は「いじめの具体的行為が分かりにくい」と訴え、委員の交代と町主体による再調査を求め、町側がこれを受け入れた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。