慶大、共通テスト利用せず 21年度入試、英語検定も

慶応大学は11月19日、2021年度一般入試で大学入学共通テストや英語の民間検定試験を全学部で利用しないと発表した。

発表によると、▽文学部▽経済学部▽法学部▽商学部▽医学部▽理工学部▽総合政策学部▽環境情報学部▽看護医療学部▽薬学部――の全学部で、2021 年1月から導入される大学入学共通テストを利用しない。英語の4技能を評価する民間検定試験についても受験やスコアなどの提出を求めない。将来の利用は検討する。

インターネットによる出願時に「主体性」「多様性」「協働性」に関する経験の入力を求める。入力内容は合否判定には用いず、入学後の学習指導上の参考資料に活用する。

英語の民間検定試験の利用を巡っては、9月に東京大学が試験の成績提出を義務付けない方針を公表している。