文科省が柴山プランを発表 先端技術で学びに革新を

文科省は11月22日、遠隔教育の推進などを盛り込んだ「新時代の学びを支える先端技術のフル活用に向けて~柴山・学びの革新プラン~」を発表した。遠隔教育を2020年代早期に全ての小・中・高校で活用できるようにするとともに、学校教育に先進的な技術を積極的に取り入れ、児童生徒の学びの質を高めるために教員を支援する。

柴山昌彦文科相は同日の閣議後記者会見で「Society5.0にしっかり対応した教育のバージョンアップが何より大切。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。