働き方改革で給特法改正を 教育学者の会が緊急提言

教員の長時間労働問題の根本的な解決のために、給特法改正を――。教育学者らが作る「学校の働き方を考える教育学者の会」は11月27日までに、緊急提言を同会ホームページで発表した。中教審の学校における働き方改革特別部会に向けて、給特法見直しと、年単位の変形労働時間制の導入見送りを求めている。同会は給特法改正の署名活動をしている現職教員の斉藤ひでみ氏(仮名)と12月上旬に共同会見を開く。

呼び掛け人には、市川昭午・国立大学財務・経営センター名誉教授、藤田英典・共栄大学教授、佐藤学・学習院大学教授、広田照幸・日本大学教授(日本教育学会会長)の4人が、賛同人には内田良・名古屋大学准教授や大内裕和・中京大学教授、本田由紀・東京大学教授らが名を連ねている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。