わいせつ不祥事許さない 神奈川県教委が懲戒指針改正

 教職員によるわいせつ不祥事が減らない現状を受け、神奈川県教委は11月27日までに懲戒処分の指針を改定した。児童生徒に対するわいせつ行為やセクシュアルハラスメントの処分決定には特に厳しい姿勢で臨んでいる旨を明示し、全教職員への周知と抑止を図る。

 指針の改正箇所は冒頭の基本事項。教職員は高い倫理観を求められる職であり、それだけに不祥事に対してはより厳しい姿勢を示すという内容を新たに盛り込んだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。