外国人の大学入学資格改正 18歳以上の年齢要件を撤廃

文科省は11月26日、日本の高校相当の教育課程を修了した留学生や帰国子女を対象に、18歳以上としていた大学の入学資格の年齢要件を撤廃する方針を示した。留学生や帰国子女を日本の大学に積極的に受け入れ、国際化を進めるのが狙い。年齢要件を削除した大学入学資格関係告示の一部改正案に対するパブリックコメントの募集を始めた。締め切りは12月27日。

外国で学んだ外国人や帰国子女が日本の大学に入学するためにはこれまで、原則として12年の学校教育課程を修了し、かつ18歳以上であることが条件だった。高校までの教育課程が12年に満たない国の場合や日本国内のインターナショナルスクールの教育課程を修了した場合、バカロレアなどの国際的な大学入学資格を持つ場合でも、18歳以上が要件の一つとされていた。

年齢要件撤廃の告示改正は、中教審大学分科会将来構想部会の議論の中で大学入学資格を見直すべきだとする意見が出たのを受けた対応。同部会の制度・教育改革ワーキンググループでは、12年制のインターナショナルスクールを学業成績が優秀で早期卒業した人が18歳未満であるために国内の大学に入学できなかった事例が報告されていた。