3割自覚、ネット依存傾向 高校生、長野県教委の調査

長野県教委が11月28日までにまとめた児童生徒のインターネットの使用状況調査によると、高校生の3割がネット依存の傾向を自覚していることが分かった。「写真や動画の投稿」の利用が高校生を中心に増加していた。

調査は7~9月、県内の小・中・高校計41校(小学校12校、中学校13校、高校16校)の児童生徒3917人とその保護者3098人を対象に実施し、授業以外で使うインターネットの利用時間や用途などを尋ねた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。