プログラミング教育で連携 京都・長岡京市とLINEが協定

京都府長岡京市は11月28日、LINEとプログラミング教育に関する連携協定を締結した。2020年度からプログラミング教育が小学校で必修化されるのに先立ち、プログラム体験を通じて児童の論理的思考力を育むのが狙い。19年4月から独自のプログラムを共同開発し、市内の小学校1校で12コマの授業を2学期から試行する。

市は共同開発するプログラムを高学年の算数と理科で活用する予定。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。