18年の初任給が過去最高 厚労省調べ、大卒女子は減

厚労省が11月28日に発表した賃金構造基本統計調査結果によると、2018年の初任給は大卒、高卒、大学院修士課程修了、高専・短大卒いずれの学歴でも前年を上回り、過去最高となった。男女別では大卒女子が5年ぶりに前年を下回った。

調査は、新規学卒者の18年6月分の初任給額を基に集計した。10人以上の常用労働者を雇用する民間事業者で新規学卒者を採用した1万5663事業者のうち、初任給が確定している1万5155事業者を対象にした。

それによると▽高卒 16万5100円(前年比1.9%増)▽高専・短大卒 18万1400円(同1.2%増)▽大卒 20万6700円(同0.3%増)▽大学院修士課程修了 23万8700円(同2.3%増)――で、全ての学歴で前年を上回った。

男女別では、大卒の男子は21万100円で前年比1.1%増だったのに対し、女子は20万2600円で前年と比べ0.7%減となった。高卒は男子が16万6600円(前年比1.5%増)、女子が16万2300円(同2.5%増)だった。

企業規模別では、大卒で大企業(常用労働者1000人以上)が21万500円(前年比0.2%減)、中企業(常用労働者100~999人)が20万4200円(前年比0.8%増)、小企業(常用労働者10~99人)が20万円(前年比0.2%増)だった。高卒では大企業が16万6500円(同1.5%増)、中企業が16万4000円(同2.1%増)、小企業が16万5200円(同1.8%増)だった。