学習評価の論点整理案 教育課程部会で示される

新学習指導要領における、児童生徒の学習評価の在り方に関する論点整理案が12月3日、中教審初等中等教育分科会の教育課程部会などの合同会合で示された。会合では、ワーキンググループで結論が出ていない「評定」の位置付けや、高校での観点別評価の扱い方、入試での活用などが議論された。(論点整理案の詳報は、4日午前5時更新のクローズアップに掲載)

論点整理案によれば、観点別学習状況評価(観点別評価)を総括的に捉え、数字で示した「評定」については、高校入試や大学入試、奨学金の審査などでも利用されている一方、絶対評価であることが児童生徒や保護者に十分浸透していなかったり、学校によって評定における観点ごとの重み付けが異なったりすることから、観点別評価の活用を重視すべきだという指摘があった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。