働き方改革に教育学者は 呼び掛け人、広田教授に聞く

中教審の学校における働き方改革特別部会に対し、給特法の見直しや年単位の変形労働時間制の導入見直しを求めている「学校の働き方を考える教育学者の会」の呼び掛け人の一人である広田照幸・日本大学教授(日本教育学会会長)が12月4日、給特法改正の署名活動を展開している斉藤ひでみ氏(仮名)との文科、厚労両省への署名提出に先立ち、教育新聞の単独取材に応じた。学校の働き方改革の議論が大詰めを迎える今、教育学の視点からこの問題をどのように捉えているのか。教育学者の会を立ち上げた理由を聞いた。

◇ ◇ ◇

――「学校の働き方改革を考える教育学者の会」を立ち上げた理由は。
中教審で教員の働き方改革が議論されているが、必ずしも抜本的な改革の方向が出されていない。……