文化部ガイドライン案示す 新たに小学校も対象に

週2日以上の休養日を設けるなど、文化部の活動指針を定めたガイドライン案が12月5日、文化庁の作成検討会議の第4回会合で示された。前回会合で出された素案を基に、中学、高校に加え、新たに小学校の部活動も対象に加えた。文化庁では、年内に全国の教委へ通知したい考え。(ガイドライン案の詳報は、12月6日午前5時更新のクローズアップに掲載)

座長の長沼豊・学習院大学教授は「このガイドラインは文化部の活動を規制するものではなく、文化部の良さをさらに広めていく前向きなものとして捉えてほしい」と呼び掛けた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。