AI活用で授業を改善 京都モデル発信へ実証研究

京都市教委は12月5日、京都大学、NECと連携し、AI(人工知能)を授業改善や学習支援に活用する実証研究を始めると発表した。研究は市立小・中学校各1校で2019年1月から20年3月までで実施し、21年度からは研究成果を基にAIの活用を拡充したい考え。

市教委によると、実証研究は児童・生徒が議論する場面を取り上げ、班ごとにマイクを置き、子供一人一人の声を特定し、発言内容や感情を認識するAIと連動させる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。