「実験失敗し腹が立った」 金属棒で学生殴り懲戒解雇

九州工業大学(北九州市)は12月5日、指導していた男子学生を金属の棒で殴り頭を縫うけがを負わせたとして、30代の男性助教を同日付で懲戒解雇の処分にしたと発表した。

大学によると、助教と学生は大学院工学研究院の同じ研究室に所属していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。