ロボホンでプログラ教育 東広島、西条小で実証授業

広島県東広島市立西条小学校は12月10日から、シャープのモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用したプログラミング教育の実証授業に乗り出した。広島大学が提案する学習モデルに基づき授業を展開し、児童のプログラミング的思考の育成を目指す。

東広島市によると、実証授業は来年3月中旬までの予定で、市が導入したロボホン12体を使い、ロボホンの動作や対話をプログラムする。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。