教員採用試験の口利き認定 那覇地裁、元副知事に賠償

 那覇地裁は12月11日、2015年の沖縄県の教員採用試験で元副知事が特定の候補者を合格させるよう口利きをした事実が認められるとして、元副知事に525万円の支払いを命じた。元副知事は、口利きがあったと証言した元教育長に名誉を傷付けられたとして損害賠償を求める訴えを起こし、逆に元教育長も提訴。教員採用口利き疑惑を巡り、法廷で泥仕合が続いていた。

 判決文や県の第三者委員会報告書によると、元教育長は1次試験合格発表後の2015年8月中旬ごろ、元副知事に呼び出され、副知事室で受験生の氏名が書かれたメモ用紙を渡され、「よろしく頼む」と言われた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。