日大医学部も不正入試 卒業生の子弟を優遇

日大医学部のキャンパス(日大医学部HPより)

日本大学は12月12日、2017・18年度の医学部一般入試で卒業生の子弟10人を優遇して追加合格させていたと発表した。不当な追加合格で本来の追加合格を逃した受験生10人については19年春の入学を認める。

高山忠利医学部長は記者会見で「受験生や在校生、社会の皆さまの信頼を損なうもので、心からおわびする」と謝罪した。

発表によると、追加合格者を判定する際、医学部が同窓会から受け取った同窓生の受験子弟リストに基づき、高山氏ら幹部3人が成績順に選んでいた。不当な追加合格は少なくとも16年度から続き、同年度は8人の卒業生子弟が追加合格になった。

高山氏は卒業生子弟の優遇について「私学の裁量の範囲のうちだと思った。文科省の指摘を受け、不適切だと考えた」と釈明した。