教員OB活用で働き方改革を 都の総合教育会議で協議

東京都は12月13日、今年度2回目となる総合教育会議を開催し、教員の業務負担の軽減や若手の指導力向上を目的とした退職教員(教員OB)の人材活用について協議した。都内公立校の校長らの意見を踏まえ、小池百合子都知事は「現役教員と教員OBのワークシェアリングを取り入れるのは有効だ」と述べた。

都教委によると、教員OBは再任用・非常勤講師として、授業や校務支援、人材育成、部活動指導などで活躍している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。