全国学力調査は4月18日 A・B統合、中学は英語も

文科省が発表した19年度全国学力・学習状況調査の実施要領の一部

文科省は12月14日、2019年度の全国学力・学習状況調査の実施要領を公表した。調査は19年4月18日に全国の小学6年生、中学3年生を対象に実施する。小6は国語と算数の2教科、中3は国語と数学、新たに加わった英語の3教科となる。

実施要領によると、国語や算数・数学の問題は、主として知識を問うA問題と活用や課題解決に関するB問題にこれまで分けてきたが、来年度は一体的に問う。記述式問題を一定割合導入する。調査時間は小学校で45分、中学校で50分。

中学校の英語は「聞く」「読む」「話す」「書く」に関する問題を出題し、記述式の問題を一定割合導入する他、「話す」に関してはコンピューターに解答を吹き込む口述式になる。調査時間は「聞く」「読む」「書く」に関する問題は45分、「話す」は1学級当たり5分(準備や移動時間を含み15分)。

各学校のICT環境が多様であることから、19年度に限った特例措置として「話す」問題は、教育委員会などの学校設置者の判断により学校単位で実施しないことも可能。文科省は「話す」調査は実施校の総数のみを公表し、平均正答率などは「聞く」「読む」「書く」とは別に集計し「参考値」として公表する。都道府県別、政令市別の公表はしない。

教育委員会が学校ごとの調査結果を公表する場合は、平均正答率などの数値を一覧にしたり、順位を付けたりする方法を採ることを禁じ、分析結果や今後の改善方策を速やかに示すよう求めた。

あなたへのお薦め

 
特集