遅れる公立大のICT環境 国研の教職課程大学調査

教職課程のある大学のうち公立大学は、国立や私立と比べて電子黒板やタブレットPC、デジタル教科書などの整備が遅れていることが、国立教育政策研究所が12月14日に公表した調査報告書で分かった。大学教員に対するアクティブ・ラーニングの視点を踏まえたICT活用の研修も公立大学では少なかった。

調査は、大学の教職課程におけるICTの環境整備や活用状況などについて2016年11~12月、教職課程を設置する全国の大学、短大など850機関を対象に実施し、578機関から回答を得た。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。