観点別評価の入試活用促す WGが論点整理案固める

新学習指導要領における評価の在り方を議論している中教審初中教育分科会の「児童生徒の学習評価に関するワーキンググループ」は12月17日、第12回会合を開き、論点整理案を固めた。前回会合まで結論を保留していた評定の扱いについては、従来通り指導要録に位置付ける一方、入試への観点別評価の活用を促すことで決着した。論点整理案はパブリックコメントを実施した上で、2019年1月の中教審教育課程部会で最終報告としてとりまとめる見通し。

WGの論点整理案によると、小学校高学年で3段階、中学・高校で5段階の数値で観点別評価を総括的に捉える評定は、引き続き指導要録に位置付ける。……