内容厳選と時数確保求める 学術会議が家庭科に提言

日本学術会議は12月18日までに、小・中・高校の効果的な家庭科教育の実現に向けた提言をまとめた。家庭科は学習領域が広範に及び、技術習得までの授業時数が少ないとして、単位数や時数を確保し、学習内容を厳選するよう求めた。

提言は、現行学習指導要領における家庭科教育は「食べる」「被服をまとう」「住まう」「子供を産み育てる」「家庭生活を営み社会の中で生きる」の五つの領域について、学んだ知識・技術を生活の場面に応用し実践する教科であるにもかかわらず、授業時数や必修単位数が少なく、実習の時間が十分確保できていないと指摘。……