私立学校の耐震化率は90.3% 特別支援は100%を達成

文科省は12月17日、私立学校施設の耐震改修状況の調査結果を公表した。2018年4月1日時点で、幼稚園から高校、特別支援学校までの全体の耐震化率は90.3%となり、前年度(17年4月1日時点)の88.4%より1.9ポイント上昇した。特別支援学校は耐震化率100%を達成した。

調査は、全国の私立の幼稚園、幼保連携型認定こども園、小学校、中学校、高校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校、短期大学、大学を対象に実施した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。