クラウド活用で遠隔地交流 宮城と神戸で高校Zoom会議

 「遠く離れた場所にいても、目の前にいるみたいに話し合えるので、学校だけで孤立せずに共同研究が進められる」「兵庫県の復興について、具体的に知ることができる。『Zoom会議』で学んだことを、復興に向けて頑張っている宮城県のために生かしたい」――。Zoomを活用した大型スクリーンでのテレビ会議を終え、生徒らが感想を述べた。

 宮城県多賀城高校と神戸大学附属中等教育学校が今年度から取り組んでいるのは、ビジュアルコミュニケーションZoomを活用した遠隔地交流。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。