働き方改革で職員室を刷新 県立高が欧州企業とタッグ

学校の働き方改革は職員室の環境から――。島根県立津和野高校は12月17日、スイスの家具メーカーのヴィトラの協力を得て、職員室のレイアウトや家具を刷新する「センセイオフィス」プロジェクトを開始すると発表した。従来の閉鎖的な職員室から脱却し、仕事の能率や生徒と関わる時間を向上させることが目的。新しい職員室は来年4月までに完成する。

同校は島根県の「高校魅力化事業」に取り組み、学校改革を推進している。今年度には県外からの入学者が全体の約2割を占め、生徒数も増加した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。