視力1.0未満の子供が最多 小・高で最多、中も高水準

視力が1.0未満の児童生徒数が過去最多になったことが、文科省が12月21日に公表した2018年度の「学校保健統計調査」の速報値で分かった。小学生と高校生で1979年度の調査開始以来、最多を記録した。中学生も、過去最多となった前年度と同水準だった。

調査は国公私立の幼稚園・小・中・高校に通う5~17歳の子供411万9371人(発育状態69万5600人、健康状態342万3771人)を抽出し、発育や健康状態を調べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。