特支高等部の新指導要領案 卒業後の自立促す内容に

文科省は12月21日、特別支援学校高等部の新学習指導要領案を公表した。1月19日までパブリックコメントを実施する。告示済みの小・中・高校の新学習指導要領と同様、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善を基本的な考え方に据え、障害の重度・重複化、多様化への対応や卒業後の自立と社会参加に向け、内容を充実した。

文科省によると、新しい特別支援学校高等部の学習指導要領案は、生徒の卒業後を重視したカリキュラム・マネジメントを計画的・組織的に実施することを規定し、社会的・職業的な自立に向けたキャリア教育の充実を柱にした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。