体罰773件、699校で発生 文科省、17年度の実態調査

2017年度に学校で起きた教職員の体罰は773件699校(前年度838件748校)に上ったことが、文科省が12月25日公表した体罰実態把握調査で分かった。被害児童は1347人(同1401人)だった。体罰773件のうち204件で、打撲や骨折など傷害の報告があった。

調査は各都道府県・指定都市教委を通じて、全国の国公私立の小・中・高校、中等教育学校、義務教育学校、特別支援学校などを対象に実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。