精神疾患で休職5千人超 女性管理職が過去最多

 文科省は12月25日、公立学校の教職員の休職や懲戒処分状況をまとめた2017年度人事行政状況調査の結果を発表した。精神疾患で病気休職した教職員は5077人に上り、在職者全体の0.55%を占めた。前年度(4891人)と比べ増加し、教職員のメンタルヘルス対策が進んでいないことが改めて確認された。 このうち531人に、過去1年以内に別の精神疾患による休職期間が認められた。女性管理職は1万2000人の大台を初めて突破し、全体の17.5%を占める1万2170人の過去最多を記録した。

 調査は47都道府県、20指令都市の計67教委を対象に17年度の状況について実施した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。