EdTechで新規に10億6千万 総務、経産両省の予算案

総務、経産両省が12月21日に発表した2019年度予算案によると、総務省はスマートスクール・プラットフォーム実証事業に2億1000万円(18年度予算比6000万円減)、経産省は新規の「学びと社会の連携促進事業」に10億6000万円を盛り込み、ICTや人工知能(AI)の活用による学校教育の変革を目指す。

スマートスクール・プラットフォーム実証事業では、教育のクラウド化を進める。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。