英語民間検定試験のニーズ 6月の受検のピークと予想

20年度の予想受検者数(延べ人数)

文科省は12月25日、全国の高校に実施した大学入学共通テストにおける英語の民間検定試験の受検ニーズ調査結果を公表した。2020年度の4~12月に延べ123万3768人が受検すると予想し、月別の受検者数は6月が最多の40万8248人と見込んだ。

調査は共通テストの対象となる「ケンブリッジ英語検定」「TOEFL iBTテスト」「IELTS」「TOEIC R Listning&Reading TestおよびTOEIC R Speaking&Writing Tests」「GTEC」「TEAP」「TEAP CBT」「英検」の8種の民間検定試験の受検ニーズについて調べた。全国の中等教育学校を含む国公私立高校に今年5~9月、①20年度の高校3年生が同年度の4~12月に受検する予想受検者数②20年度の高校1~3年生が大学入試目的以外の授業や自己学習で受検する予想受検者数③都道府県別試験実施会場・機器貸与の可否④各学校から都道府県庁所在地までの所要時間・移動経費の目安――を尋ね、4724校から回答があった。

今回公表されたのは①のうち対象試験の結果を合算した数値で、生徒1人につき最大2回受検すると想定した延べ人数。民間検定試験の実施主体には、②の自社に関わる分の数値と③④が提供される。

それによると、月別の予想受検者数は▽4月 2万6317人▽5月 3万7274人▽6月 40万8248人▽7月 10万1796人▽8月 6万1446人▽9月 18万5185人▽10月 22万3354人▽11~12月 19万148人――で、6月が最も多かった。