プレテストの分析結果公表 数学と理科の一部に課題

大学入試センターは12月27日、大学入学共通テストに備えた2018年度試行調査(プレテスト)のマーク式問題の分析結果を公表した。大学入試センターが出題時に想定していた「平均正答率5割程度以上」の科目は、全19科目のうち14科目だった。一方、数学の他、理科の大半の科目で平均正答率が5割を切り、課題が残った。

18年度プレテストは11月10~11日、高校2・3年生を対象に実施し、6万8409人が参加した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。