国語授業を深い学びに接続 都内で活発な実践研究大会

「『深い学び』のための国語授業をどうデザインするか」を大会テーマとする国語教育実践研究大会が12月27日、都内であった。主催は「東京・国語教育探究の会」で、東京都教委と八王子市教委が後援。定員の200人を超す教員が全国から参加し、実践報告や講演、文科省教科調査官・大学教授・学校教員による鼎(てい)談に聞き入った。

実践報告では、4人の教員が模擬授業を披露。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。