政府が教育無償化を決定 幼児19年10月、高等20年度

政府は12月28日、幼児教育と高等教育の無償化について関係閣僚会議(会合、官邸は会合と発表しています)を開き、3~5歳児は原則全世帯を、0~2歳児は住民税非課税世帯を対象に来年10月から実施することを決めた。高等教育は20年4月から低所得世帯の学生らを対象に入学金・授業料を減免し、給付型奨学金の支給を始める。

財源は、来年10月に予定する消費税率10%への引き上げによる増収分を充て、確保する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。