新たな障害者教育目指し 小国喜弘 東京大学教授に聞く

東京大学のバリアフリー教育開発研究センターは、障害や性別、民族、社会階層などの違いにかかわりなく、全ての子供が共に学び合えるフル・インクルージョン教育を、通常の学校で実現するための実践研究に力を注いでいる。センター長である小国喜弘・東京大学教授に、インクルーシブ教育を巡る課題や教員への期待などを聞いた。

――現在のインクルーシブ教育の課題は。
日本では、特に発達障害を巡る問題が深刻で、発達障害を医学的な観点だけで捉えている状況がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。