教育大2校の企画展示開く 文科省、学校生活の手引も

文科省2階エントランスで、奈良教育大学と愛知教育大学の企画展示が開催されている。いずれも2月8日まで。奈良教育大学は小学校低学年向けに開発した子供用包丁を、愛知教育大学は外国人児童生徒らの母語で書かれた学校生活のガイドブックなどを紹介し、教育大学ならではの研究成果を披露している。

家庭科教育が専門の鈴木洋子・奈良教育大学教授は、調理を中心とした食育を小学校低学年から推進するため、児童の手指の大きさと把持力に応じた包丁を開発。……