「選挙イヤー」が幕開け 春に統一地方選、夏参院選

春に統一地方選、夏に参院選が投開票される「選挙イヤーの2019年」が幕を開けた。両選挙の間の5月1日に皇太子さまが即位し、元号が平成から変わる。参院選の争点は、10月の消費税率10%への引き上げと「社会保障」「経済政策」「憲法改正」「地方活性化」になる見通しだ。

最大の焦点は、衆院の解散による衆参同日選挙の行方で、早ければゴールデンウイーク明けにも、各種世論調査の動向を見て安倍晋三首相は是非を判断するとみられる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。