70年ぶりの大改革と首相 10月からの幼児教育無償化

安倍晋三首相は1月4日、三重県伊勢市で年頭記者会見を開き、急速に進む少子高齢化を「国難」と呼び、幼児教育無償化の10月スタートを「未来への改革」と位置付けた上で「戦後、小学校・中学校9年間の普通教育が無償化されて以来、70年ぶりの大改革だ」と強調した。

さらに高等教育の無償化について「来年4月からは、真に必要な子供たちの高等教育も無償化し、生活費などをカバーする十分な給付型奨学金を支給する。安倍内閣は、次代を担う子供たちの未来に大胆に投資していく」と抱負を述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。