「理事長への早朝あいさつ廃止」求め 高校教員らがスト

「『理事長への早朝あいさつ』がなければ、授業準備や生徒に向き合う時間に充てられる。我慢の限界だ」――。私立学校の教員らが個人で加入する「私学教員ユニオン」は、正則学園高校(東京都千代田区、塩澤一彦理事長)で1月8日から無期限に、同ユニオンに加入する教員が長時間労働の是正や待遇改善などを求めて、塩澤理事長への早朝あいさつをボイコットするストライキを実施すると発表した。

同ユニオンによると、同学園では毎日午前6時半から、教員が塩澤理事長にあいさつする慣行がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。