最悪の性差別発言は麻生氏 政治家へのネット市民投票

大学の教員や弁護士らでつくる「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」が1月9日発表したインターネット投票の結果によると、政治家の性差別的な言動のワースト1位に、麻生太郎財務相の発言が選ばれた。

麻生氏は財務省の前事務次官によるセクハラ問題を巡り、「(加害者側の)人権はなしってわけですか」「相手(被害を受けた女性記者)の声が出てこなければ、どうしようもない」などの発言を繰り返し、ジェンダー差別を擁護したとされる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。