教育長と校長が自主集会 横浜市、教育の未来創造へ

 学校現場と産学官が連携して試行的な取り組みを実践しようと、「神奈川の教育・学びの未来を創造する教育長・校長ミニ集会」が1月12日、横浜市で開かれた。発起人は神奈川県逗子市の村松雅教育長と横浜市立日枝小学校の住田昌治校長で、教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォームのメンバーである神奈川県の教育長や校長ら約30人が参加した。

 村松教育長は第1部の開会あいさつで「『このままではいけない』と感じることがあったら必ずアクションを起こしてほしい」と述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。