京都府立木津高校が頂点に 高校生ビジネスプランGP

 日本政策金融公庫が主催する「創造力、無限大∞ 第6回高校生ビジネスプラン・グランプリ」の最終審査会と表彰式が1月13日、東京・本郷の東京大学であった。京都府立木津高校のソーシャルビジネス研究班による階段の使用を促すスマートフォンアプリ、「階段は健康寿命の架け橋~運動不足すぎる日本人への警鐘~」がグランプリに選ばれ、396校の頂点に立った。

 同グランプリは、高校生が社会的な課題の解決や人々の暮らしを良くするビジネスプランを考え、マーケティング手法や収支計画、魅力などを発表するコンテスト。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。