言葉で選手奮い立たせる 青学大・原監督が講演

「言葉遊び」しながら、若者の内面の力を引き出してほしい――。青山学院大学陸上競技部・長距離ブロック監督の原晋氏が1月15日、東京都文京区の東京大学で開かれた「2018年度文部科学大臣優秀教職員表彰式」に出席し、「箱根駅伝から学ぶリーダー育成」をテーマに講演した。若者の力を引き出すコツや、チームを指揮する指導者の在り方を語った。

「部員が120%の力を出すために、指導者は彼らの心の扉を開き、内面の能力を引き出さなければならない」と原監督は話し、日常的なコミュニケーションの大切さを説いた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。