AIで数学の学習時間を短縮 未来の教室PJが成果報告

 経産省は1月21日、「『未来の教室』とEdTech研究会」の第5回会合を都内で開いた。2年目を迎えた「『未来の教室』プロジェクト」の成果として、人工知能(AI)により数学の学習時間の短縮に成功した事例が報告された。研究会は5月末の第2次提言に向けて、EdTechの導入による教育効果や学校改革の議論を本格化させる。

 研究会は2018年6月に第1次提言を公表し、今年度は初等中等教育で23件、高等・リカレント教育で27件の実証事業を全国で展開している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。