中学国語に業務アプリ活用 ソフトウエア会社と連携

クラウドサービスを提供するサイボウズと連携した国語の授業が1月21日、東京都板橋区立高島第二中学校(香積信明校長、生徒330人)であった。集めた情報を基に考えたことを分かりやすく、かつ論理的に書く力を養うのが目的。使用したのは業務改善アプリkintone(キントーン)で、同社によれば、中学校でkintoneを使った授業は全国で初めてだという。

担当の前川智美教諭は「これからは従来の教育の在り方が通用しなくなる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。