教育に先進技術の活用を 都内で講演や事例の発表

教育・研修の課題解決につながる先進テクノロジーの活用に挑戦しようと、「2019年eラーニング・EdTechの行方」が1月24日、都内で開かれた。デジタル・ナレッジが主催し、教員ら約150人が参加した。講演や発表では、eラーニングを導入した学習塾や企業、「教育×AI」をテーマに新たな取り組みを進める学校や大学の事例が取り上げられ、EdTechの可能性を探った。

「学習塾における『映像授業×eラーニング』の現状と課題」をテーマに講演したウイングネット(本社・東京)の担当者は、「プロ講師による映像授業を導入したものの生徒が活用できず、何も変わらなかったという事例が少なくない」と指摘した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。