通常国会28日に召集 保育無償化審議に影響も

通常国会が1月28日に召集される。政府・与党は2019年度予算案の早期成立を目指す方針であるのに対し、野党は厚労省の「毎月勤労統計」の不正調査問題の追及を突破口に、安倍政権の目玉だった経済政策「アベノミクス」の評価見直しを迫る構えだ。会期は6月26日までの150日間。

夏の参院選を前に反転攻勢の機会をうかがう野党の国会論戦の行方によっては、10月実施予定の幼児教育・保育の無償化関連法案の審議、政府による無償化の制度設計も、影響を受ける可能性がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。