学習スタイルを未来予測 マイクロラーニングなどテーマに

 eラーニングやマイクロラーニングを活用した新たな学びを紹介する「New Year Meeting 2019」(日本イーラーニングコンソシアム、マイクロラーニングコンソシアム主催)が1月28日、都内で開催された。テクノロジーの進展と学習スタイルの変化の未来予測をテーマにした対談セミナーなどが行われ、教員ら約200人が参加した。

 マイクロラーニングとは、学習コンテンツを短時間で習得できるよう最適化(マイクロ化)し、すき間時間で効率的に学ぶ学習スタイル。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。