「教員免許制度も緩和」 働き方改革推進本部が初会合

 1月25日の中教審答申を受けて設置された、文科省「学校における働き方改革推進本部」の初会合が29日、省内で開かれた。本部長を務める柴山昌彦文科相は「教育課程や教員免許の制度も必要に応じて緩和するなど、大胆に見直す必要がある」と述べた。

 冒頭あいさつで柴山文科相は「学校や教育委員会に任せるだけでは、働き方改革は進まない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。